〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-7

042-512-9320

JR南武線「西国立駅」徒歩6分
「矢川駅」徒歩12分

駐車場15台完備

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは

私たちの骨は、古くなった骨を壊す骨吸収と新しく骨を作る骨形成とを同時に行ない毎日入れ替わっています。これを骨代謝と言います。骨粗しょう症は、骨量(骨に含まれるカルシウムの量)が減少してしまうことで、骨に鬆(す)が入ったかのような状態となって、骨折しやすくなる病気です。発症の原因は様々ですが、主に女性の閉経(更年期世代によくみられる)によって減少するとされる女性ホルモン(エストロゲン)が起因となって発症することが多いことから、高齢女性の患者様の割合が高いと言われています。この骨粗鬆症は大きく2つのタイプ(原発性骨粗しょう症、続発性骨粗しょう症)に分類されます。

原発性骨粗しょう症

原発性骨粗しょう症は全患者の9割近くを占めると言われ、閉経がきっかけの閉経後骨粗しょう症の患者様や高齢者(65歳以上)にみられる老人性骨粗しょう症の患者様のほか、栄養バランスの偏りや遺伝的要因などで発症するタイプも含まれます。

続発性骨粗しょう症

続発性骨粗しょう症は、関節リウマチや糖尿病といった特定の病気やステロイドの長期使用が原因となって発症するタイプになります。

同疾患の主な症状ですが、次第に骨量が低下していくと痛みが出るということはありません。つまり自覚症状がないままなので、病状は進行させやすく、何かのはずみで転倒した際に手を着いて手首を骨折、背骨が体の重みでつぶれるなどの症状が現れて、初めて気づいたという方もよく見受けられます。

なお、大腿骨(太ももの付け根)や腕の付け根も骨折しやすい部位ですが、高齢者が大腿骨を骨折すると寝たきりになることもあるので要注意です。

検査について

骨粗しょう症の診断をつけるための検査には様々なものがありますが、当院は骨密度検査を採用しています。同検査は単位体積あたりの骨量(骨の中のカルシウムの量)を計測し、骨量や骨量の減少の程度を調べます。当院ではDEXA(デキサ)法による検査を行います。

DEXA(デキサ)法

なおDEXA法で用いる骨密度測定装置は高低2種類の異なるX線を測定部位に照射し、その透過度をコンピュータで解析することで、骨量を調べていくというものです。当院では骨折を生じると寝たきりリスクの高い腰椎大腿骨頸部で計測します。

なお検査時のX線の照射時間は短く、痛みを伴うこともありません。また血液検査による骨代謝マーカーの評価も行います。全ての検査結果を説明後にお渡ししますので検査毎に治療効果を確認していただけます。

診断方法については、20~30代の方の骨密度の平均値を100%とした場合、被検者の骨量がどれくらいあるかで判断します。その基準とは、大まかに骨密度が20~30代の方の80%未満と診断されると要注意、70%以下となると骨粗しょう症と診断(骨折をしたことがなく、他に骨密度を減らす疾患などがない方の場合)されます。

予防と治療

骨粗しょう症は「骨の生活習慣病」とも呼ばれており、生活習慣の改善によって骨密度の減少を予防することもできます。

食事療法

食事療法

骨粗しょう症に不足しがちな主な栄養素は骨の主成分であるタンパク質やカルシウム、骨の再生に必要なビタミンD・Kなどです。カルシウムは食品として1日700~800mg、ビタミンDは1日400~800IU、ビタミンKは1日250~300μgを摂ることが勧められています。ビタミンDは腸からカルシウムの吸収を助ける、ビタミンKはカルシウムの骨への取り込みを促します。

食事の際はこれらが含まれる食品を一緒に摂ることが望ましいです。またいつもの食事では糖分(お菓子やパンなど)、リンの多い加工食品、塩分、カフェイン、タバコ、アルコールのなるべく摂取は控えましょう。

骨粗しょう症のために摂りたい食品

カルシウム 魚介類・海藻:ししゃも、いわし丸干し、干しエビ、しらす、しじみ、ひじき、わかめ 豆類:豆腐、納豆 乳製品:牛乳、スキムミルク、チーズ 野菜:小松菜、チンゲン菜、いりごま など
たんぱく質 肉類(鳥肉、赤身肉)、魚類、卵、乳製品、大豆 など
ビタミンD 魚介類:しらす干し、いわし丸干し、すじこ、さんま、ぶり、鮭、うなぎ、煮干し、アンコウの肝、 きのこ:きくらげ、干ししいたけ など *野菜、豆、イモ類にはほとんど含まれない
ビタミンK 野菜・豆:納豆、抹茶、パセリ、しそ、明日葉、モロヘイヤ、小松菜、ほうれん草、春菊、大根 魚介類・海藻:乾燥わかめ、海苔、おかひじき など

運動療法

運動療法

運動を通じて骨や筋肉に負荷をかけると骨粗しょう症の予防に抱えません。しかし激しい運動ではなく1日30分程度のウォーキングやスクワット、片足立ちなどがお勧めです。運動によって姿勢を保持することは、転倒のリスクや胃腸障害を減らす面で有効です。

日光浴

日光浴

日光浴も骨粗しょう症にとって重要です。ビタミンDは紫外線を浴びることで皮膚から作られます。厚着や室内作業ばかりだと皮膚からのビタミンDの産生が減少しがちです。特に冬場は日光を浴びる機会が減るため、ビタミンDを含む食品を積極的に摂取しましょう。

薬物療法

お薬手帳

(骨の破壊を抑制する薬や骨の材料を補う薬 など)による治療も行っていきます。現在骨粗しょう症治療に使用されている薬剤は、骨の吸収を抑える「骨吸収抑制剤」、骨の形成を助ける 「骨形成促進剤」、カルシウムの吸収や骨形成を促進するビタミン(D、K)剤などがあります。どの薬を選び、いつから薬物療法を始めるかは、患者様の年齢や状態を考慮した上で医師が判断します。以下に骨粗しょう症で使用される薬剤をご紹介します。

ビスフォスフォネート製剤

骨吸収を抑制する薬剤です。骨粗しょう症の治療薬のなかでも有効性の高い薬です。ビスフォスフォネートは破骨細胞に作用し過剰な骨吸収を抑えるため、骨吸収が緩やかになり、結果的に骨形成が促進され骨密度の上昇が期待できます。

抗RANKL抗体製剤

骨吸収を抑制する薬剤です。破骨細胞の形成や機能を促進するRANKLという体内物質を阻害することで、破骨細胞を抑制し骨形成を促します。

副甲状腺ホルモン製剤

骨形成を促進する薬剤です。骨を作る骨芽細胞の成長を助けると同時に、その減少を抑えることで骨形成を強力に促します。

抗スクレロチン抗体製剤

骨吸収抑制と骨形成促進を同時に行う薬剤です。骨折リスクが特に高い方のみに使用します。

活性型ビタミンD3製剤

食事から摂取したカルシウムが腸管から吸収されるのを促進します。骨代謝のバランスを整える作用もあります。

ビタミンK2製剤

作用は緩やかですが骨形成を促進作用と骨折予防効果が認められています。

塩酸ラロキシシフェン(SERM)

エストロゲンに似た作用があり緩やかに骨密度を増加させますが、乳房や子宮などには影響を与えません。

カルシトニン製剤

骨吸収を抑制し、強い鎮痛作用も認められています。骨粗しょう症によって生じた圧迫骨折の疼痛緩和に有効です。

治療薬一覧

治療薬一覧

西国立整形外科クリニック

クリニック名
西国立整形外科クリニック
診療内容
(診療科目)
一般整形外科、リハビリテーション、スポーツ整形外科、骨粗しょう症、漢方内科
住所
〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-7
電話番号
042-512-9320
アクセス

JR南武線「西国立駅」徒歩6分
「矢川駅」徒歩12分

バスのアクセスはこちら≫

診療時間 日・祝
9:00 - 12:30
15:00 - 18:00

休診日 水・日・祝

駐車場のご案内

※当院の専用駐車プレートを確認し駐車してください。