〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-7

042-512-9320

JR南武線「西国立駅」徒歩6分
「矢川駅」徒歩12分

駐車場15台完備

物理療法

物理療法とは

物理療法は電気刺激、温熱刺激、衝撃波などの物理的エネルギーによって、対象となる体の部位の生体反応を利用することで、障害された機能の改善を促していきます。単独の治療法としてはもちろんのこと、運動療法をサポートする形でも取り入られることが多くなっています。

当院では従来の低周波干渉波治療器や牽引治療器の他に、超音波、ハイボルテージ低周波・微弱電流、拡散型体外衝撃波を用いて、専門知識を持ったセラピストが治療を行ないます。以下に当院で行う物理療法をご紹介します。

拡散型体外衝撃波

物理療法のひとつとして体外衝撃波治療器(ショックマスター)を用います。これは腎結石を破砕するために用いられていた体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を整形外科領域に応用したものです。患部に圧縮された空気の衝撃波を与えることで、患部の修復を促進し疼痛が緩和されるようになります。

体外衝撃波Q&A

Q
どんな治療法ですか?
A
圧縮空気が⽣み出す強い振動(衝撃波)を患部に当てていきます。衝撃波によってあえて組織を損傷させることでその後の治癒を促進させる治療法です。治療後は即時的な鎮痛効果があります。治療中は多少の痛みを感じることがございます。衝撃波の登場で従来から多く行われていたステロイド注射の回数を大幅に減らすことが可能となりました。またステロイド注射と比較した場合、衝撃波が長期的に治癒を促進することが分かっています。
ショックマスター
Q
どんな痛みに使われますか?
A
主な対象疾患は足底腱膜炎、アキレス腱炎、ジャンパー膝、テニス肘、石灰沈着性腱板炎などです。特に長引く痛みの治療に有効であり、日常生活での痛みだけではなくスポーツ障害の治療にも有効です。
テニス肘
Q
1回どのくらいの時間がかかりますか︖
A
おおよそ2分〜5分程度で終わります。痛みの強く感じる所(⾃発痛のある部位、触診による圧痛部位)を特定して治療します。
Q
通院の頻度はどのくらいですか?
A
毎⽇治療するものではありません。組織が再⽣するまで1週間程度必要となるのでその間は安静にしてください。痛みが軽くなる効果は3⽇〜4⽇続きます。
Q
治療後すぐに痛みはなくなりますか︖
A
治療中からだんだんと痛みを感じなくなり、治療終了時には痛みが軽くなり動きが良くなります。症状によりますが、4回〜8回の通院で終了します。
Q
初めて聞く治療法ですが、どんなところで使われていますか?
A
世界65カ国、国内の病院はもちろんプロスポーツチームなどでも使われています。外科的⼿術に頼ることなく短期間で痛みが取れ、4〜8回の治療で治癒が期待できるのでスポーツ選⼿も治療を受けています。
Q
治療を受けられない疾患などはありますか?
A
次の症状や疾患などがある方は治療を受けることができません。
  • 埋め込み型ペースメーカーなどの電磁障害の影響を受けやすい医療機器埋め込み患者様
  • 悪性腫瘍のある方
  • 心臓疾患のある方
  • 妊婦や出産直後の女性
  • 知覚障害のある方
  • 骨粗鬆症の方
  • 脊椎骨折、捻挫、肉離れなどの急性疼痛がある方
  • 施療部位に創傷がある方
  • 体温38℃以上(有熱期)の方
  • 安静が必要な場合や顕著な体調不良の方
  • 背骨に異常、湾曲などが見られる方
  • その他身体に特に違和感がある方

物理療法 治療機器のご紹介

スーパーカイネSK-10WDX(干渉波治療器)

干渉波治療器

4つの筋肉刺激モードを搭載し肩こりや腰痛・膝周囲など、硬くなった筋肉の痛みを和らげます。

スーパートラックST−3CL(自動牽引器)

頸椎・腰椎牽引器

1台で頚椎と腰椎の牽引が行える自動牽引器です。座ったままの状態から座席が自動で傾斜し牽引を開始するため、リラックスした状態で牽引を受けていただけます。

オステオトロンⅤ(超音波骨折治療器)

超音波骨折治療器

低出力パルス超音波(LIPUS)の音圧効果により、骨癒合までの治療期間を約40%短縮します。骨折治療に有効です。

エスパージ(電気刺激治療器)

電気刺激治療器

末梢神経を刺激して痛みを和らげるTENS、筋肉を刺激し運動させるEMS、損傷した組織を修復するMCRの3つの電気刺激モードが使用可能です。

アスリートミニⅡ (微弱電流治療器)

微弱電流治療器

マイクロカレント(MCR)と呼ばれる微弱電流を患部に流すことで、組織の修復を促し筋肉痛の軽減に有効です。

フィジオ アクティブHV(ハイボルテージ電気刺激治療器)

ハイボルテージ治療器.

皮膚に装着したパッドから高電圧電流を流すことで皮膚抵抗を減らし、低刺激感のまま深部まで電気刺激を到達させます。急性外傷の疼痛緩和や治癒促進に効果的です。

フィジオソノ (超音波治療器)

フィジオソノ (超音波治療器)

治療部位に合わせて浅部、深部、広範囲のモード選択が可能なため、損傷部位に合わせた温熱治療が可能です。ハイボルテージ電気刺激治療器と接続すると温熱治療と電気刺激治療を同時に行うことが可能で、治療効果を高めてくれます。

フィジオ ラジオスティム(高周波温熱機器)

フィジオ ラジオスティム(高周波温熱機器)

当院では医学分野で使用されているラジオ波を利用した治療器を導入しています。ラジオ波は美容の分野で以前から利用されていましたが、近年ではトップアスリートがコンディショニングに愛用するなど、スポーツ分野での活用が増えています。ラジオ波治療の最大の特徴は、硬くなった筋肉など体内の抵抗の高い部位に温熱が自然と集中する点にあります。スポーツだけではなく肩こりや腰痛と行った筋肉の緊張緩和にも有効な治療法です。

フィジオ

フィジオ ラジオスティムQ&A

Q
どんな作用があるの?
A
ラジオ波は体の表面を温めるだけではなく、内部から熱を発生させる事で、体の深部を温められることができます。
Q
どうやって使うの?
A
ラジオ波は専門知識を習得したセラピストが扱います。使用時間は数分から10分程度で、セラピストが治療を行いながらラジオ波を患部に伝えることも可能です。
Q
どんな所で使われている?
A
近年では痛みや怪我の治療や予防に応用されはじめ、スポーツの現場で活用されはじめています。

西国立整形外科クリニック

クリニック名
西国立整形外科クリニック
診療内容
(診療科目)
一般整形外科、リハビリテーション、スポーツ整形外科、骨粗しょう症、漢方内科
住所
〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-7
電話番号
042-512-9320
アクセス

JR南武線「西国立駅」徒歩6分
「矢川駅」徒歩12分

バスのアクセスはこちら≫

診療時間 日・祝
9:00 - 12:30
15:00 - 18:00

休診日 水・日・祝

駐車場のご案内

※当院の専用駐車プレートを確認し駐車してください。